Windowsユーザーの為の、キャラボット簡易デプロイパッケージ版インストールの図解入り解説


Windowsユーザーの為の、キャラボット簡易デプロイパッケージ版インストールの図解入り解説です。
こちらの解説は、圧縮ファイルの解凍やファイルやフォルダの移動・コピー、コマンドプロンプトでのコマンド入力でも何でもやったるぜ! ってな人が対象になっています。
自信が無い方は、Windows初心者向け -バッチファイルを使用したキャラボット簡易デプロイパッケージ版インストールの図解入り解説 の方へどうぞー。

まず、うちの環境はXPなのでXPを元に作成してあります。(2011/06時点でWin7に変わってます) が、Win2k~Win7までそれほど変わりは無いと思います。
作成にあたり、携帯電話のメールアドレスが必要になりますので、覚えていない方はメモをしておきましょう。

このページは、より判り易くする為に、いただいたコメントやtwitterの@key_coffee宛てのリプライ、サポートフォーラム等を参考に部分的に更新していってます

akira(@tomoaki96)様が、美声で解説してくださる動画での解説記事を作成してくださいました。ココでわかりにくいという方はそちらもチェックチェック!

twitterのヘルプに、パロディ、コメンタリー、ファンアカウントのガイドライン というものがあります。 botのあり方等に関することも含まれて居ますので、ぜひご一読を。

1.準備

まず、何点か準備をしておきましょう。

  • Googleアカウントの所得
  • 簡易デプロイパッケージのダウンロード
  • JDKのダウンロードとインストール

Googleアカウントはココからでも作成できます。 キャラボットを使っていた方は、そのアカウントがそのまま使えます。
簡易デプロイパッケージはこちら、最新版のJDKは、こちらのページに移動して

JDKJDK

赤矢印のアイコンをクリックして移動

JDK_DL

JDK_DL

移動した先で規約を承認したらダウンロード出来る様になりますので

JDK_DL_2

JDK_DL_2

赤枠のあたりのOSを選択してダウンロードしましょう。 普通の32bitならx86でOK。 それ以外はそれぞれ対応するものを選んでください。 ダウンロード先は判り易いところにしておきましょうね。

自分のPCのOSが判らない場合、マイコンピュータを右クリックしてプロパティを選択すればシステム構成が表示されると思います。 Windows7の場合はこんな感じ。

システム

システム

で、落としてきたJDKをインストールしておきます。

指示に従っていけば苦労はしないと思いますよ。

2.GAEアプリケーションの作成

まず、Google App Engineでアプリケーションを作成します。
IDとパスワードを入力してログインすると

googleapp01googleapp01

こんな画面になりますので、赤枠のボタンを押して次へ進みます。

googleapp02googleapp02

@google.comからメールが届きますので、受信制限をしている方は事前に許可しておいてください
画像の様に、国選択のドロップダウンメニューがありますのでJapanを選択。 下にある入力欄にご自身のメールアドレスの@より左側の部分を入力。
そして、隣に出てきた新しいドロップダウンメニューからお使いの携帯電話のキャリアを選び、送信ボタンを押します。

※ 該当するキャリアが無い場合、携帯のSMS(ショートメッセージ)を使って認証する方法があります。
国をjapanではなく「Other」にし、携帯電話番号の先頭の0を抜き、その状態で81(日本の国番号)を前部分につけます。(例:090-1234-1234ならば 819012341234です)
これをテキストボックスに入力すると海外からSMSが届きます。
お手持ちの携帯が海外からのSMSに対応しているかなどは携帯会社にお尋ねください。
「google SMS認証」で検索するといくつか事例が出て来ます。
(akira(@tomoaki96)様に頂いたコメントへの返信より引用)


googleapp03googleapp03

しばらくするとGoogleさんからメールが届きますので、Google App Engine Code: とある数字を下の画像にある入力欄に入力し、ボタンを押します。

googleapp04googleapp04

すると、下の画面に行きますので、URLの頭の部分になる部分(アプリケーション名)を一つ目の入力欄に入力(うちで言うとniku-kyu.appspot.comの「niku-kyu」の部分)し、使えるかどうかを隣のボタンを押してチェックします。
使えるならばその下の入力欄にサービス名(うちだとcharactorbotにしてあります)をつけたら、Storage Optionsを編集します(現在はHRDしか選べない模様)下のCreate Applicationボタンを押しましょう。

Create_an_Application

Create_an_Application

すると、こんな画面になるはずです。

googleapp06

googleapp06

とりあえず、作成は完了しているので、一回ログアウトしましょう。

3.解凍と編集

落としておいた簡易デプロイパッケージを解凍します。
zip形式で圧縮されてますので、対応する解凍ソフトを使ってください。
解凍する位置は、デスクトップは選ばずに、なるべく判り易い(探しやすいw)フォルダーにした方がよいでしょう。
後に出てくるコマンドプロンプト(通称DOS窓)にて、コマンドを打ち込みながら辿らないといけませんので。

で、解凍した簡易デプロイパッケージは通常「charactorbot.v1.xx.xxx」(xの部分はバージョン)というフォルダに入っています。
その中に「charactorbot」というフォルダがありますので、作業しやすい(判り易い)フォルダに移動させます。
うちの場合だと、Dドライブに Download というフォルダを作ってあり、その中に charactorbotアーカイブ というフォルダを作ってあるのでそこで作業をしています。

で、とりあえず話はうちの環境で進めさせていただきますww

前出のcharactorbotフォルダの中に「はじめにお読みください.txt」というのがありますのでそれを開きます。
(その中に書いてある作業の順番とは多少前後しますが問題はありません)

charactorbot → war → WEB-INF とフォルダーを辿って、appengine-web.xmlというファイルを開きます。 保存は UTF-8でされていますので、UTF-8形式を開いて保存出来るエディタ(EmEditer等)で開かないと文字化けするかもしれませんので気をつけて下さい。
特に、Windows標準のメモ帳は保存時にS-JIS出保存されますので、使わないで下さい。

3行目に<application>charactorbot</application> となっている箇所がありますので、charactorbotの部分を先ほど自分で作ったURLの頭の部分になる部分(アプリケーション名)と置き換えたら保存してください。 そのファイルはもう閉じても大丈夫です。

2011年11月より無料で使用出来るクォータが大幅に削減されています。
必要に応じて、 appengine-web.xml と cron.xml の編集が必要になる場合もあります。

詳しくは、 キャラボットのサイト「割当リソース(Quota)の制御について」 をご覧ください。

つぎに、Google App Engine SDK for Javaを所得し解凍します。
はじめにお読みください.txtに書いてあるURLから落とせると思いますので、判り易いところに保存しておきましょう。
うちの場合は、DドライブのDownload → charactorbot_アーカイブの中に保存してあります。
解凍すると、「appengine-java-sdk-1.4.x(xは最新バージョンによって変わる)」というフォルダが作成されると思いますので、その中身をすべて選択し、charactorbotフォルダ内にコピーします。

charakuterbotフォルダ内charakuterbotフォルダ内

こんな感じになってればOKです。 エクスプローラが画像と同じじゃない時は、メニューの[表示 → ツールバー]とたどって、アドレスバーの表示をし、同じく表示の中にある[詳細]を選ぶと同じような画面になると思います。

4.デプロイ

いよいよデプロイです。 コマンドプロンプトを開きます。
場所が判らない方は、スタートメニュから、すべてのプログラム→アクセサリ と辿ればあるはずです。
コマンドプロンプトを開くと

ドス窓1ドス窓1

C:¥document and setthings¥○○○○¥>  こんな感じになっていると思います。
白いチカチカしてるのが、コマンド入力待機状態の証拠です。
ここから、作業するフォルダまで移動します。

判る人は、>の後に cd 移動するフォルダ名までのパス(スペースは半角)

と入力してエンターを押します。

うちの場合だと別ドライブのフォルダなのでちょっとややこしいですが
(dosコマンドの達人、PERL(@perl2note)様より御指南いただきました。 ありがとうございます。)

そして、>の後に d:すべて半角で入力してエンターを押せば

ドス窓3ドス窓3

こうなります。(Cドライブで作業される方は、>の後に半角でcd / と続けて下さい。)
そこから今度はcharactorbotのフォルダに移動するわけですが…
>の後に cd_ と(アンダーバーは半角スペースと置き換えて下さい)入力し

ドス窓4ドス窓4

この画像の要領でドラッグアンドドロップします。 エクスプローラが画像と同じじゃない時は、メニューの[表示 → ツールバー]とたどって、アドレスバーの表示をし、同じく表示の中にある[詳細]を選ぶと同じような画面になると思います。
すると

ドス窓5ドス窓5

こうなります。 手で入力しても良いですよ?w

akira(@tomoaki96)様が作成してくれた、動画の説明です。判らない方はご覧下さい。

そしてエンターを押すと

ドス窓6ドス窓6

やっとこさこれで、charactorbotのフォルダまで移動できました。

いよいよデプロイのコマンドを入力します。
charactorbot> となっていますので、そこに bin¥appcfg.cmd update warすべて半角で入力し

ドス窓7ドス窓7

こんな感じになりますので、エンターを押します。
この時、必要以外の半角スペース等が入っているとエラーが出ます。 ご注意くださいね。

もし、上手く入力する自信が無かったら、初めにお読みください.txtの144行目に入力例がありますので、そこから該当する部分を範囲指定して右クリックでコピーし、コマンドプロンプト上で右クリック、貼り付けを選べばコピーできますよ。(akira(@tomoaki96)様よりご指南いただきました

エンターを押すと、デプロイが開始します。
もしここで、「JAVA~」等のエラーが出た場合は、一回コマンドプロンプトを閉じ、JDKのインストールをやり直してみてください

しばらくすると、Googleのアカウント(メールアドレス)を聞いてきますので入力しエンターキーを押します。

※ 一定時間内であれば、再デプロイ等で接続してもアカウントとパスワードは聞かれません。 そのまま最後まで進みます。(いただいたコメントを元に追記)

ドス窓8ドス窓8

その後パスワードを聞かれますので、同じく入力しエンターキーを押します。
この時、Windowsでありがちな伏字(*や●等)は表示されません
入力した文字は表示されませんが、キー操作を間違えないようにあせらずゆっくり確実に入力しましょう。(頂いたコメントを元に追記

ドス窓9ドス窓9

しばらくしてデプロイが完了すると下図の赤枠のようなメッセージが出ます。 エラー(error)とどこにも表示されてなかったら無事完了しています。

ドス窓10ドス窓10


5.アプリケーションの調整と確認

そしたらデプロイの完了したアプリケーションの調整と確認をしましょう。
Google App Engine にアクセスし、アカウントとパスワードを入力しログインします。

GAE1GAE1

こんな感じだと思うので、アプリケーション名をクリックしてダッシュボードに移動します。

Performance

Performance

Administration の Application Settings をクリックして、Performance項目の調整を行います。
上図の赤丸の様につまみを移動させ、忘れない様にSave Settingsボタンを押してセーブしましょう。

次は、インデックスファイルの確認をします。

GAE2GAE2

左側のメニュー(上図の赤矢印)のDatastore Indexes をクリックして移動します。

GAE3GAE3

赤枠で囲んだ部分が画像の様になっていればindexファイルが作成されていますので、ボットが作成出来るようになっています。
(v1.5.2以降での新規作成では、LogEntryの項目は無くなっています)
お疲れ様でした!

あとは、自分だけで使うもよし、こっそりお友達に貸してあげるなり、きゃらぼっとのサイトでサーバーを公開して誰かに使わせてあげるなり、お好きなように、ですよー。
他の方に提供する予定の無い方は、Tips : キャラボットの最大登録数を変更する を参考にしてみてくださいね。

なお、赤枠の部分が画像の様になっていなければindexファイルがまだ作成されていません。
URLでキャラボットにアクセス出来てもログインでエラーが出ますので、しばらくお待ちくださいね。

なお、作成されたキャラボットへのアクセスURLは、http://URLの頭の部分になる部分(アプリケーション名).appspot.com/?locale=ja になります。

6.うまくいかない時は

デプロイしたキャラボットがどうしてもうまくいかない時や一回削除してもう一度やり直したい時などは、つぎのようにしてみてください。

Google App Engineから、削除したいアプリケーションのダッシュボードにログインした後

GAE4GAE4

赤矢印の Application Settings をクリックして移動します。

GAE5JPGGAE5

移動したページの下の方の赤矢印の Disable Application ボタンをクリックし
GAE6JPGGAE6

移動した先の上の赤矢印の Disable Application Now ボタンをクリックして
GAE7GAE7

移動したページの下の Request Permanent Deletion ボタンをクリックしてください。
GAE8GAE8

赤枠のようなメッセージが表示されていて、下のボタンの上の文章中に削除期限日時が表示されていれば、その期限を目処に削除されます。

もし、元に戻したい場合はGAE8図の下のボタンを押せば戻せます。

あとは、My Applications画面に戻り、無効になっていることを確かめた上で

GAE9GAE9

赤矢印のCriate Applicationボタンを押して新しいアプリケーションを作成し、もう一度デプロイしてください。
同じアプリケーション名は使えませんので注意してくださいね。

■Special Thanks to■

・akira(@tomoaki96)様 googleapp01~06の画像をご提供いただきました。 ありがとうございました。

・その他、コメントを投稿してくださった方々 リプライくださった方々

2010.10.29 うまくいかない場合の対処法を追記。
2010.10.30 ドラッグアンドドロップの映像を追加 及び 若干の記事修正。
2010.10.31 akira(@tomoaki96)様の動画解説記事の紹介を追加 及び JDKを先にインストールする様に変更
2010.10.31 OverQuotaのサンプル画像をおまけで追加
2010.10.31 charactorbotフォルダ内にすべて収めた、デプロイ自動実行バッチファイル付属の自己解凍形式(たぶんw)の charactorbot.zip ファイルを公開しました。
2010.11.02 自動実行バッチファイル付属版の専用解説ページを作成
2011.08.15 v1.5.1対応
2011.09.07 v1.5.2対応・Performanceの調整方法を追記
2012.06.03 GAEのアプリケーション新規作成時にHRDしか選べない様になっている件を修正

おまけ

OverQuota

OverQuota

OverQuota

借りているリソースを使い切るとこうなります。
ちなみに、日本時間の16時にならないとリセットされませんので、それまではどうにもなりません。

93件のフィードバック to “Windowsユーザーの為の、キャラボット簡易デプロイパッケージ版インストールの図解入り解説”

  1. はじめまして。突然の書き込み、申し訳ありません。
    キャラボットさんのサービスを使わせていただきたく貴サイト様を拝見しています。

    初心者ですが、四苦八苦しながら4.デプロイのドス窓7まで行けました。
    ですがフォルダ名のパス、エンター、charactorbot>「bin¥appcfg.cmd update war」と半角でうつと、「指定されたパスが見つかりません」と何度もなります。

    次にもう一度全部インストールしてやりましたが同じ文章になりました。
    また「はじめに」の中にある、charactorbot>「 appengine-java-sdk-1.7.3\bin\appcfg.cmd update war」とうっても同じ文章が出てきます。

    javaがおかしいのかと、javaのバージョン6とバージョン7を試したのですが同じでした。
    charactorbotの部分も、IDになってるのを何度も確認しています。

    再起動などを試したんですが、何がいけないのかもわからず…。
    何か思い当ることがあれば、良ければ教えていただけると嬉しいです。

    • エラーメッセージを拝見するに、パスが通って無いからとしかアドバイス出来かねます。コマンドプロンプトでパスの通し方が判らないのでしたら、うちで再配布させていただいているデプロイ自動バッチファイル付属版をお試し下さい。楽チンですよ。

      • 回答ありがとうございます!
        仰る通りにデプロイ自動パッチを、初心者向けのページからインストールさせていただきました。

        ページ通りにコマンドプロンプトを立ち上げたら「’java’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」となりました…。

        javaを一度アンインストールしたのですが、やはり同じでした。
        どうしたらいいのか…。ご指導いただけたら幸いです…!><

        • JAVAが正常にインストールされていないのですかねえ… お使いのOSとCPU用のを選択されていますか?

          • お返事ありがとうございます。
            OSはWindowsで、64を試し、上の文が出ます。
            念のため84の方も試したのですが、やはり同じ文でした。

            セキュリティが邪魔してるのかと思い、ファイアウォールなど試行錯誤したのですが…。変わらずでした。

            アンインストールしてからインストールし、最後にJAVAがインストールが正常に~と出るのですが…。やはり出来てないのですかね?

            • あと試せるとしたら、インストール先のフォルダを変えてみる位でしょうか。 大昔には、フォルダ名にスペースが入ってると上手く動作しないアプリとかありましたし。

              • お返事ありがとうございます。
                インストールの場所を変えて行ってみましたが、やはり以前と同じでした。

                ファイル名もスペースはありませんでした。

                お手数お掛けしてすみません。
                これだけやっても出来ないなら、 keycoffeeさんのご迷惑にもなりますので、諦めようかなと思った。

                長々とすみませんでした。

  2. 初めまして、こんにちは。
    貴サイトを参考にbotを製作していたのですが、一つ質問が。
    デプロイの作業中のことなのですが、最後にgoogleアカウントに対応するパスワードを何度打ち込んでも実行されません。下のような文章が毎回出ます。

    com.google.appengine.tools.admin.ClientLoginServerConnection$ClientLoginExceptio
    n: Use an application-specific password instead of your regular account password
    . See http://www.google.com/support/accounts/bin/answer.py?answer=185833
    Unable to update app: Use an application-specific password instead of your regul
    ar account password. See http://www.google.com/support/accounts/bin/answer.py?an
    swer=185833

    色々と調べたのですが、結局よく分かりませんでした。何か思い当たることがあれば、教えていただけると嬉しいです。

    • 自己解決しました。リンク先の英文を面倒くさがって読んでいなかったことが原因でした。

  3. 初めまして。

    GAEのアプリケーション作成時、携帯電話に7桁のコードが届くまでは問題なく進むのですが、それから先、コードを入れようとすると「There were errors」の内容が「code」となっている画面が出て先に進めません。携帯に届いたメールを転送してコピペしましたが、同じエラーが出る状況です。

    準備1がうまくいっていないと、エラーが出る可能性はあるのでしょうか。この状況を打破する方法はありますか…?

    初歩的な質問でしたら申し訳ありません。調べ方が悪いのか、どうすればいいかわからず…。

    よろしくお願いします。

  4. みやび Says:

    はじめまして、みやびと申します。
    手順通りに進めているのですが、何回やってもデプロイの途中で
    Cannot build indexes that are in state ERROR.
    とでて、完了しません。

    どこをどう弄っていいかも分からず…。
    回答していただけると助かります。

    • エラーが出ている為、インデックスが作成出来ないみたいですね。
      新規作成なら、一回アプリケーションを削除してやりなおしてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。